ゲームで遊ぶだけで稼げちゃうP2E(プレイ トゥ アーン)とは?①〜P2Eの基本的な仕組みについて学ぼう!

ゲームで遊ぶだけで稼げちゃうP2E(プレイ トゥ アーン)とは?①〜P2Eの基本的な仕組みについて学ぼう!

目次

P2E(プレイ トゥ アーン)とは?

P2E(プレイ トゥ アーン)は、ゲームをプレイしてお金を稼ぐ新しい仕組みです。

従来のゲームでは、プレイヤーはお金を使って楽しむだけでしたが、P2Eゲームでは、ゲーム内で得たアイテムや通貨を現実世界のお金に換えて利益を得ることができます

ブロックチェーン技術の発展により、この仕組みは世界中のゲーマーの間で大きな注目を集めています。

P2E(プレイ トゥ アーン)の基本概念

P2E(プレイ トゥ アーン)は、プレイヤーがゲームをプレイすることで報酬を得ることができる仕組みです。

プレイヤーはゲーム内でキャラクターを育てたりミッションをクリアしたり他のプレイヤーと競ったりすることで、仮想通貨やNFTといったデジタルの資産を獲得することができます。

これらのデジタル資産は、特定のマーケットプレイス(Openseaなど)で販売することで、現実のお金(ドルや円など)に換金することが可能です。

P2E(プレイ トゥ アーン)が注目される理由

P2E(プレイ トゥ アーン)が注目される大きな理由の一つは、プレイヤーが実際にお金を稼げることです。

従来のゲームでは、プレイヤーは娯楽のために時間とお金を費やしましたが、P2Eゲームではその逆で、プレイすることで収入を得ることができます。

この新しい収益モデルは、特に若年層やゲーム好きの人々にとって大きな魅力となっています。

P2E(プレイ トゥ アーン)はゲーム業界だけでなく、経済活動の新しい形態としても注目されており、プレイヤーが仮想通貨やNFTを取引することで、実際の経済活動にも参加することができるため、新たなビジネスチャンスも広がります。

このように、P2E(プレイ トゥ アーン)は単なるゲームの枠を超え、社会全体に大きな影響を与える可能性を秘めているのです。

P2E(プレイ トゥ アーン)の仕組みについて

P2E(プレイ トゥ アーン)の仕組みでは、最新のデジタル技術であるブロックチェーンを活用しています。

ブロックチェーン技術の普及により、ゲーム内で得たアイテムや通貨が安全かつ透明に管理され、プレイヤーはその価値を現実世界のお金に換えることができる仕組みが誕生したのです。

P2E(プレイ トゥ アーン)とブロックチェーン

ブロックチェーンとは、分散型のデータベースで、取引の記録を安全に保存する技術です。この技術を使うことで、データの改ざんが非常に難しくなり、信頼性が高まります。

P2E(プレイ トゥ アーン)ゲームでは、プレイヤーがゲーム内で獲得したアイテムや通貨の情報がすべてブロックチェーン上に記録されます。つまり、これらのデジタル資産の所有権が明確に管理され、誰かが不正にデータを改ざんすることはほぼ不可能となるのです。

例えば、プレイヤーがゲーム内でレアなアイテムを獲得したとします。このアイテムの所有権はブロックチェーンに記録されるため、他の誰かがこのアイテムを盗んだりコピーしたりすることはできません。

また、このアイテムを他のプレイヤーに売却する際も、ブロックチェーンを通じて取引が行われるため、取引の透明性と安全性が確保されます。

このように、ブロックチェーン技術はP2Eゲームにおいて、プレイヤーが安心して取引を行える環境を提供し、ゲーム内で得た資産の価値を保護する役割を果たしています。

P2E(プレイ トゥ アーン)での仮想通貨とNFTの役割

仮想通貨:
仮想通貨は、P2Eゲームで得られる報酬の一つです。プレイヤーがゲームを進めることで仮想通貨を稼ぐことができ、その仮想通貨は仮想通貨取引所を通して現実のお金(円やドル)に換えることができます。

NFT(非代替性トークン):
NFTは、ゲーム内のアイテムやキャラクターをデジタル資産として表現する技術です。NFTを使うことで、ゲーム内のアイテムは唯一無二のものとなり、その価値が保たれます。

例えば、「CryptoKitties」というP2Eゲームでは、各キャラクターがNFTとして存在しており、それぞれのキャラクターは他に代わりがない世界に一つだけのデジタル資産として扱われています。

このように、仮想通貨はP2Eゲーム内の取引を行うための通貨として、NFTはデジタルアイテムの所有権を証明するためのトークンとして機能しています。

P2E(プレイ トゥ アーン)ゲームの例

P2E(プレイ トゥ アーン)ゲームにはさまざまな種類がありますが、それぞれが独自の方法でプレイヤーに報酬を提供しています。ここでは、代表的なP2Eゲームをいくつか紹介します。

Axie Infinity(アクシーインフィニティ)

概要:
Axie Infinity(アクシーインフィニティ)は、可愛らしいキャラクター(Axie)を集めて育て、バトルを行うことで報酬を得るゲームです。

各AxieはNFTとして存在し、プレイヤーはこれを購入、育成、繁殖させることができます。

稼ぎ方:

  1. バトル: Axieを使って他のプレイヤーとバトルし、勝利することで報酬として仮想通貨を獲得できます。
  2. 繁殖: Axieを繁殖させて新しいAxieを作成し、それをマーケットプレイスで販売して利益を得ることができます。
  3. クエスト: 毎日や毎週のクエストをクリアすることで、追加の報酬を得ることができます。

魅力:
Axie Infinity(アクシーインフィニティ)は、単に報酬を得るだけでなく、Axieの育成や戦略的なバトルが楽しめる点で多くのプレイヤーに支持されています。特に、Axieの可愛らしいデザインやコミュニティの活発さが世界中のゲーマーに支持されています。

Decentraland(ディセントラランド)

概要:
Decentraland(ディセントラランド)は、仮想世界で土地を購入し、様々な開発を行うことができるゲームです。

プレイヤーは仮想の土地(LAND)を購入し、その上に建物を建てたり、イベントを開催したりすることで利益を得ることができます。

稼ぎ方:

  1. 土地の売買: 仮想の土地(LAND)を購入し、その価値が上がった時に売却することで利益を得ることができます。
  2. イベントの開催: 自分の土地(LAND)でイベントを開催し、入場料やスポンサーシップで収益を上げることも可能。
  3. コンテンツの作成: 仮想空間に建物やアートを作成し、他のプレイヤーに販売することで収益化できます。

魅力:
Decentraland(ディセントラランド)の魅力は、クリエイティブな表現ができることとや、現実の不動産に近い取引が楽しめる点です。プレイヤーは、自分の想像力を駆使して独自の空間を作り上げ、その中でビジネスを展開することができます。

他の人気P2Eゲーム

The Sandbox:
The Sandboxは、ユーザーが自分のゲームやアートを作成できるメタバースです。プレイヤーは、土地を購入し、その上にゲームやアートを作成して販売することで収益を上げることができます。

CryptoKitties:
CryptoKittiesは、デジタル猫を集めて育てるゲームです。各猫はNFTとして存在し、プレイヤーはこれを購入、育成、繁殖させることができます。珍しい猫を繁殖させることで、その価値が上がり、高値で販売することができます。

Splinterlands:
Splinterlandsは、デジタルカードゲームです。プレイヤーはカードを集めてデッキを構築し、他のプレイヤーと対戦します。勝利することで報酬を得ることができ、カードの取引で収益を上げることも可能です。

P2E(プレイ トゥ アーン)は、ゲームをプレイすることで現実世界のお金を稼ぐ新しい仕組みとして注目されています。

eスポーツやゲーム配信者といったゲームを活用した従来の収益方法と異なり、P2Eゲームは高いスキルや特別な設備がなくても、仮想通貨やNFTを活用して報酬を得ることが可能です。

一方で、P2Eゲームにはまだ発展の余地があり、国ごとの規制や技術の進化も必要です。また、多くのP2Eゲームでは、プレイするためにNFTや仮想通貨の購入といった初期投資が求められます。

初期投資を確実に回収できるかどうかは保証されておらず、仮想通貨の価格変動やサービスの終了などのリスクも存在します。

これらのリスクを理解した上でP2Eゲームに取り組むことが重要です。リスク管理をしっかりと行いながら、新しい経済活動の一環としてP2Eを楽しむことで、ゲームの楽しさと収益を両立させることができるでしょう。

関連記事

23 6月 2024

ノリノリなROBLOXゲーム!:『DJ シュミレーター』でフロアをブチ上げろ!

21 6月 2024

メタバースのキニナルニュースvol.11

17 6月 2024

3分でわかるWEB3.0メタバース-XANA(ザナ)とは?

14 6月 2024

メタバースのキニナルニュースvol.10

12 6月 2024

ROBLOXゲームで時給2600円のアルバイト!?IKEAのROBLOX戦略

11 6月 2024

スマホ1つでVtuberになれるってホント?? “REALITY”でVtuberチャレンジ!!

メタバースに特化したニュースメディア。Play,Study,Earn(遊ぶ、学ぶ、稼ぐ)をテーマに、あらゆる側面を持つメタバースについて楽しく、わかりやすく発信していきます。